· 

初めての気持ちを忘れずに

初めての気持ちを忘れずに
初めての気持ちを忘れずに

新しいお話を読むときには、まず黙読していただいています。

だいたい読み終えたかなーと思ったタイミングでお声をかけるのですが

「まだ途中です……すみません」と申し訳なさそうにおっしゃる方がいます。

謝ることはありませんよ。それだけじっくり読み込んでくださっている、ということですから。

 

新しいお話に出会う。その瞬間は今、一度きり。

最初にそのお話を読んだ時の気持ち、ファーストインスピレーションを大切にしましょう。

もしかしたら、何度も何度も読み込んでいくうちに違う印象を持つようになるかもしれません。それでいいのです。

 

初めて読んだときには、こう思った。2度目に読んだときには、こんな風に感じた。

同じお話でも読むたびに印象が変わる。良くあることです。

小さい子どもが同じ話を何度もせがむのも、その時その時で受け取り方が変わり、違うお話のように感じるからです。たとえ結末が同じでも。

 

いつも子どものような感性で読んでいけたら素敵ですね。

 

 

まずは、最初に読んだときの気持ち、大切にしていきましょう。