· 

正しい姿勢5

正しい姿勢5
肩の関節を正しい位置に戻そう

前回、頭と肩の関節が正しい位置にあるか確認しましたね。

ほとんどの方が、肩が前に出ている「巻き肩」になっていたのではないでしょうか。

 

今回は、「肩の関節」を正しい位置に戻しましょう。

 

1.頭の位置を正しい位置に戻します

2.腕を下におろします(手のひらは身体側に向けます)

3.両肩をグーッと上にあげて、肩を真後ろにスライドさせます

4.ゆっくりと肩を下ろします

 

このとき、両腕の中指はどこにありますか?

身体の真横にあれば正解です。

 

「身体の真横」が分かりにくかったら、パンツ(ズボン)を穿いているときに行なってみてください。

縫い目の上に中指が乗っていますか?

 

最近のデザインはあまり意識されていないので、ずれた位置に縫い目がある場合もあります。

奇抜なデザインのものではなく、ベーシックなデザインの方がわかりやすいと思います。

 

確認出来たら、その位置から、今度は背中を意識して。

肩甲骨をグッと寄せます。真ん中に寄せるだけでなく、下(腰の方)へ引くように。

 

肩の位置がずれている人は、肩甲骨の位置もずれています。

 

何度も肩を動かして、肩の関節を正しい位置に戻しましょう。


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)