· 

正しい姿勢2

正しい姿勢2
重心線をつなぐ6つの点

「正しい姿勢」というのは、「重心線」に沿って立っている姿勢のことです。

 

身体の「重心線」というのは、身体を横から見たときに、次の6つの点を結んだ線のことをいいます。

 

上から順に

①頭の重心

②肩の関節

③体の重心

④大転子

⑤膝関節

⑥踝      となります。

 

 

これら6つの点を結んだときに真っ直ぐな線になるのが「正しい姿勢」です。

 

よく、モデルさんなどが、歩くときや立ったときに「頭のてっぺんから吊られているような感じ」と言いますね。

まさにその通りで、上から吊られていると、どこも歪みようがないのです。

 

次回から、この6つのポイントを上から順に見ていきましょう。


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)