· 

有声音と無声音2

有声音と無声音2
子音と母音の違い

有声音と無声音の違いについてお話すると、

「子音と母音の違いって、何ですか?」と聞かれることがあります。

 

母音は「あいうえお」。

ローマ字で書くときは、アルファベットの小文字で「a i u e o」と書きます。

 

子音は、「か(Ka)さ(Sa)た(Ta)な(Na)は(Ha)ま(Ma)や(Ya)ら(Ra)わ(Wa)」の「K S T N H M Y R W」や、

 「が(Ga)ざ(Za)だ(Da)ば(Ba)ぱ(Pa)」の「G Z D B P」などです。

子音は、それぞれ特徴があり、出し方が異なります。

 

たとえば、「かきくけこ」で使う「K」は、喉を詰めて「カッ」と出します。人によっては「クッ」と聞こえるかもしれません。

 

「なにぬねの」で使う「N」は、鼻に抜ける音です。子音だけだと「ンヌ」と聞こえるかもしれませんね。

 

子音それぞれに母音をつけることで、日本語の音が成り立ちます。

ところが、欧米の言葉には、ほとんど母音が出てこないものもあるのです。

 

たとえば、英語の「sky」。「空」という意味の誰でも知っている単語ですが、、、

あれ?母音はどこに?


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)