· 

有声音と無声音1

有声音と無声音1
有声音と無声音の違い

「有声音」と「無声音」という言葉を聞いたことがありますか?

 

これらは、何が「有」って、何が「無」いのでしょうか。

それは、声帯の振動の有無です。

 

試しに、喉(喉頭・喉仏)に手を当てて、「あーーーー」と言ってみてください。

喉が細かく震えましたね。

 

このように、声を出すときに声帯が振動するのが有声音。

母音と一部の子音が有声音です。

 

反対に、声帯が振動しないのが無声音です。

 

子音のK、T、P、F、H、Sなどが無声音として知られています。

 

たとえば、

「か」のKは無声音で、「が」のGは有声音。

「さ」のSは無声音で、「ざ」のZは有声音。

「は」のHと「ぱ」のPは無声音で、「ば」のBは有声音。

 

動いたり止まったりしながら、声帯は一生懸命動いているのです。

 


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)