· 

朗読初心者がやるべきこと3

朗読初心者がやるべきこと3
口の中をしっかりと動かそう

私の朗読教室では、発声練習のときに、唇を大きく動かそう、という指導はしていません。

 

唇を大きく動かす事よりも、口の中をしっかり動かすように、と伝えています。

 

話をするときなどに、音をつくることを構音(または調音)と言います。

 

構音は、八割方、口の中で行なわれています。

 

 

唇を使うのは、唇を合わせないと出せない音だけです。

たとえば、バビブベボなどの破裂音。

 

バビブベボの濁点を取って、ハヒフヘホと言ってみてください。唇をほとんど動かさなくても言えるでしょう?

 

唇よりも口の中。

口の中でも特に重要なのは「舌」です。

 

ラリルレロ。ラ行が苦手な方は、舌がよく動かないのかもしれません。

 

 

 

息のコントロールと、しっかり口を動かすこと。まずこの2つからはじめてみてください。


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)