· 

AIアナウンサー登場

AIアナウンサー登場
AIによって何が変わる?

今、中国の国営新華社通信が発表した「AIアナウンサー」が話題となっています。

 

AIなので「365日24時間対応」が売りなのだそう。

また、ニュース原稿を入力すると「読み間違えゼロ」で原稿を読むそうです。

 

実在するアナウンサーの表情や声をコピーしており、瞬きや眉毛の動きまでそっくりなのだそうです。

 

日本でもAIアナウンサーは開発されています。

実際にテレビで見かける機会もあります。

 

中国と違うところは、日本では、イラストなどを用いたキャラクター仕様のAIアナウンサーが主流だというところです。

日本の技術力があればリアルに作ることもできますが、なかなか日本人には受け入れられにくいことから、キャラクター仕様になっているのだとか。

 

現役のアナウンサーの方たちは、自分たちの仕事がなくなると心配している…と思いきや、歓迎している向きもあるようです。

 

ニュースをAIに任せて、番組の進行をしたり、他のやりたい仕事に専念できる、とも。

災害時など、一人でも現場に人手が欲しいときに重宝するのでは、という意見もあるそうです。

 

ニュース原稿を読む人と、現場から中継するのが同じ人、なんていう不思議な場面が見られる日が来るのかもしれませんね。


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)