· 

声のトーンを変えてみよう4

声のトーンを変えてみよう4
表情筋のほぐし方

表情筋をほぐしましょう、と言われたときに「あ、私いつも顔のマッサージはしていますので大丈夫です」とおっしゃる方がいます。

 

お顔のお手入れとしてのマッサージは、今は忘れてください。

お顔のマッサージは、肌に摩擦を起こさないようにあまり力を入れずに行ないます。

 

けれど、筋肉のマッサージというのは、かなり力を入れないとほぐれないのです。

特に、普段使っていない筋肉は。

 

なので、もし、かなり痛いと思ったら、普段は全く使われていないのです。

まず、両手を握ってグ―にします。

 

その指の第二関節のところを、頬骨の下に当てて、グリグリーっと左右に動かしてみてください。痛いですか?痛いでしょう?

あまり痛いようでしたら無理をせずに、最初はグーッと押し当てるだけにしてください。

 

慣れてきたら、頬骨を持ち上げるように上にグーッと押しましょう。

ある程度の力は必要ですが、アザになるほどやる必要はありません。

 

私はいつも、机の前に座っているときに、頬杖をつく代わりにグーを頬骨の下に置いて、自分の頭の重みでほぐしています。

マッサージと違って、他の人には気づかれにくいのも嬉しいところ。

 

この頬骨が下がってくると、顔全体の筋肉が下がってきます。

頬骨を上げると、ほうれい線対策にもなりますよ。


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)