· 

鼻濁音を身につけよう1

鼻濁音を身につけよう
鼻濁音について

共通語の特徴の一つに「鼻濁音」があります。

 

このブログを読んでいる方の中には「びだくおん」って何?という方もいるでしょう。

 

ざっくりとした分け方になりますが、概ね、西日本から南の方は、鼻濁音を知らない方が多いようです。

 

特に今は、アナウンサーの方でも鼻濁音を使わない方もいるので、どんなものか知らない、という方がいても不思議ではありません。

鼻濁音は「ガ行鼻音」とも言われ、その名の通り、濁音の中では「ガ行」だけに付く鼻音のことです。

 

鼻にかかった声、といえばわかりやすいでしょうか。

鼻に抜ける音、などと言われたりもします。

 

「鼻音」は、口だけでなく鼻からも吐いて発音しています。

また、代表的な鼻音としてナ行やマ行も挙げられます。

 

鼻がつまっているときに「鼻がつまった」と言われると、「はだがつばった」と聞こえませんか?

これは、息が鼻から出ていかないので、「な」「ま」と言えないからです。

 

元々「ガ行」は鼻音ではありませんが、これを鼻音として発音するのが「鼻濁音(ガ行鼻音)」です。

 

次回から、ガ行が鼻音になるとき・ならないときの例をみていきましょう。

 


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)