· 

アクセントの特徴5

アクセントの特徴5
どの拍が下がるかがポイント

共通語のアクセントには、

 

1.語の第一拍と第二拍とは高さが異なる

 

2.高く発音される部分は、一語のうち一箇所にかたまっている

 

という法則がありましたね。

 

語は、これらの法則に則って、4つの型の分けられます。

 

 

第一拍と第二拍の高さは必ず変わりますが、高くなった音がどの拍で低くなるのかは、

語によって変わります。

 

これらの法則の他に、第三拍以降、どの拍で音が下がるのかがポイントで、

第三拍以降が高いままなのか、低くなるのかで区別されます。

 

三拍の語を例にして確認してみましょう。

(このブログでは図形の挿入ができないようなので、高く読むところを太字にしています)

 

・平板型…さくら

・尾高型…おとこ↘が

 

どちらも第一拍が低く、第二拍・第三拍は高いのですが、後ろに付く助詞(~が、~は、など)

の高さが変わります。

平板型は高いまま、尾高型は低くなるのです。

 

何拍の語であっても、平板型も尾高型も、第二拍以降は高いままで、次に来る助詞の高さで

違いを見分けます。

 

・中高型…ころ→が

 

中高型は、語の途中が高くなり、最後は低い音で終わります。

拍が多くなると、どこの拍が低くなるのか語によって変わってきます。

 

〇しんかんせん

〇おわりさん

 

など、必ずしも最後の拍だけが低くなるわけではありません。


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)