· 

アクセントの特徴3

アクセントの特徴3
日本語の拍の考え方

共通語のアクセントは、東京式アクセントが元になっていますが、その理由の一つとして「アクセントの法則が比較的はっきりしていること」が挙げられます。

 

東京式アクセントの特徴は、

 

1.語の第一拍と第二拍とは高さが異なる

 

2.高く発音される部分は、一語のうち一箇所にかたまっている

 

とされています。(『新明解 日本語アクセント辞典』より)

 

まず、語の第一拍と第二拍とは高さが異なるとはどういうことか、見ていきましょう。

 

日本語の「拍」というのは、音楽の拍とは少し違います。

日本語の1拍は、基本的に「母音のみ」もしくは「子音+母音」で出来ています。

 

母音のみ…あ(a)・い(i)・う(u)・え(e)・お(o)

子音+母音…か(K+a)・み(M+i)・の(N+o)・け(K+e)など

 

ごく簡単に言ってしまうと、ひらがな1文字を1拍と数えます(例外については後ほど)。

たとえば「秋」。ひらがなで書くと「あき」。2文字なので2拍です。

 

けれど、「あき」と書いてあっても、「秋」なのか「飽き」なのか「空き」なのかわかりませんね。

・第一拍(あ)が高く、第二拍(き)が低ければ「秋」

・第一拍(あ)が低く、第二拍(き)が高ければ「飽き」もしくは「空き」

と読まれれば、どの意味なのかがわかります。

 

試しに「あきがきた」を、「秋が来た」「飽きがきた」「空きが出た」の意味になるように声に出して読んでみてください。

違い、わかりましたか?


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)