· 

声が出にくいと感じたら3

声が出にくいと感じたら3
口呼吸になっていませんか?

最近、喉が渇くなあ。

もしかしたら「口呼吸」になっていませんか?

 

動物はみんな、鼻で呼吸をする生き物です。鼻でしか息を吸うことができません。

私たちの身近にいる犬や猫も鼻からしか息を吸うことができないため、風邪を引いて鼻が詰まると、命に関わります。

口から息が吸えるのは、話す能力を獲得した人間だけなのです。

空気中にはたくさんのウイルス等が存在します。

鼻から息を吸って空気を取り入れると、鼻の粘膜や繊毛にウイルス等がくっついて、体への侵入を防いでくれます。

 

口呼吸で口から息を吸うと、その機能がないので、ウイルス等はそのまま体の中に入り、いろいろな病気の原因になるのです。

 

また、鼻から息を吸うと、鼻の粘膜が空気を適度に湿らせて声帯を潤します。

口呼吸で口から息を吸うと、乾いた空気がそのまま声帯に届きます。

 

声帯は粘膜なので、乾燥すると傷つきます。

冬に、唇が乾燥すると、ひび割れて痛いでしょう?

同じようなことが声帯でも起きるのです。

 

口呼吸は百害あって一利なし。

直していきましょう。


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)