· 

3つの日本語

3つの日本語
日本語の言葉は三種類

私たちが使っている日本語の単語には三種類あるのをご存知ですか?

 

その3つとは「漢語」「外来語」そして「大和言葉」です。

 

「漢語」は、中国語をもとにしたもので、音読みで読まれる言葉です。

聞いただけでは意味の分からないものが多く、その漢字の音を表しているので『表音文字』とよばれています。

 

「外来語」は、中国以外の国から入ってきたもので、カタカナで表記されることが多い言葉です。

これらに対して「大和言葉」は、日本の風土の中で生まれた言葉です。

訓読みで読まれ、聞いただけで意味の分かるものも多く、その漢字の意味を表しているので『表意文字』とよばれています。

 

「漢語」「外来語」「大和言葉」。

私たちはいつも3つの日本語を使い分けているのです。

 

では「おもてなし」は?

そう、日本古来の言葉、「大和言葉」です。

 

せっかく日本にいるのですから、響きの美しい日本語を使っていきたいですね。

 


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)