あなたの想いを声に乗せよう


顔を見なくても、聞くだけで相手のことがわかってしまう。声って不思議ですね。「声には感情が乗る」と言われています。無意識に感情が乗る分、不用意な声を出すと誤解されることもあります。そんなつもりで言ったんじゃない。もしかしたら嫌われてるんじゃないかしらーどうしてこんな誤解が起きるのでしょうか。

通信手段が発達して、メールやチャットなど、声を使わずに情報伝達をすることが増えました。それと同時に、声で伝える機会が減ったことも原因の一つでしょう。けれど、それだけではないと私は思います。昔から「読み・書き・そろばん」と言われてきました。この「読み」というのは、黙読ではなく音読・朗読のことです。あなたは今まで、良い文章・言葉に触れ、それを声で表現する技術を教わる機会がありましたか?

朗読は、他人の書いた文章の内容を、自分の声だけで聴き手に伝える「技術」です。他人の書いた言葉を相手に伝えるのは、大変な技術が要ります。それがきちんと伝えられるようになったら、自分の言葉は、かなり楽に伝えられるようになるのではないでしょうか。

朗読は、あなたの気持ちを伝えるためのお手伝いをします。


声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)