聴く人に喜ばれる朗読をするために

※コンテンツを見るには画像をクリックまたはタッチしてください※


今、こんな朗読が求められています

以前は「ベタ読みがいい」と言われていた時もありましたが、今は少し違うようです。青空朗読コンテストでの審査項目を例に、今、朗読で求められていることをお伝えします。


朗読が上手になるコツ その1

上手な朗読というのは、きちんと聴き手に伝わる朗読。そして、聴き手に喜んでもらえる朗読です。一生懸命読んでも、独りよがりになっていては聴き手には伝わりません。朗読が上手になるコツその1です。


朗読が上手になるコツ その2

「またこの人の朗読を聞きたい!」と思ってもらえるような朗読をしてみませんか。聴き手の立場になって読んでみましょう。聴き手の立場になって朗読すると、格段に上手くなります。朗読が上手になるコツその2です。


声と朗読のブログ

声は、どうしてみんな違うの?朗読は、文字を音にするだけじゃダメ?言いにくい言葉、どうしたらいい?など、役に立つ内容満載。随時更新中。



声を磨く朗読講座

埼玉県川越市

Tel: (049) 290(福を)-4133(良い耳)